FC2ブログ

wagasaya 明兎アルバム Part2

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

四八 男持ち 謡 『実盛』

四八 男持ち 謡 『実盛』

s-DSC_1059.jpg

骨数48本の男持ちの和傘です。

s-DSC_1062.jpg

空から謡が降ってくるといわれている金沢。

その謡本をほどき傘で受け止めました。

s-DSC_1065.jpg

s-DSC_1064.jpg

s-DSC_1061.jpg

この謡本は200年ほど前の教本です。
和紙の中ほどは墨流しを施し、世界で一本の和傘になります。
表具師の方に和紙を切り貼りして頂き、制作いたしました。

s-DSC_1063.jpg

s-DSC_1066.jpg

私の所属している金沢和傘伝承研究会は
金沢和傘がなくなっては困るからと金沢市が立ち上げた研究会です。
集められたものは、県内在住であり、素地があるもの、生業があるものというくくりがありました。
和傘が、和紙と竹と木でできているので
メンバーは表具師や技術屋、そして木工から私は参加しました。
7人のメンバーの中で表具師の方の紙を貼る技術は素晴らしいもので
この和傘はその技術を満載した逸品です。
スポンサーサイト

 男持ち 四八

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。