FC2ブログ

wagasaya 明兎アルバム Part2

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

No image

ろくろを繰り込む

頭ろくろと手元ろくろを柄だけにつけました。頭ろくろ、こちらは、親骨をつなぎます。手元ろくろこちらは、小骨をつなぎます。ここを持って傘の開閉を行います。柄だけには、傘の開閉のためのストッパー、はじきがついていますので、手元ろくろがはじきで止まり、傘が開きます。手元ろくろの底が赤い色っぽいろくろがありました。見えないところへのお洒落粋です❗真似をしたい、憧れの仕事です。...

繰り込み

和傘の開閉に不可欠のろくろ日本では唯一、岐阜の長屋木工所さんしかもう作っておりません。その大切なろくろを傘の軸となる竹の棒や木の棒に取り付けます。道具も繰り込み機っていってますが、古い道具を見せてもらい、新潟の職人さんに作って頂きました。しかし、実際に使って見ないとどのように削りたいか、刃先を削り直したりは木工の先生方に援助してもらってやっと、使えるようになりました。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。