FC2ブログ

wagasaya 明兎アルバム Part2

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

No image

四八 『ふんわり』

四八 『ふんわり』骨数48本二段 木ハジキの逸品です。無地よりちょっとだけ華やかに紫地に黒を基調にした友禅紙には丸い文様がたくさんちりばめられています。油を引くことにより表からはとてもシックに内側から日の光を受けて艶やかな表情となります。内側のかがり糸も明兎オリジナルのかがりを施しております。...

四〇 小さな和傘 『水族館』

四〇 小さな和傘 『水族館』骨数40本の小さな和傘です。お子様用にと今回は文様を楽しんでみました。表側からが、五箇山和紙の染めもグラデ~ジョンがきれいに見て取れます。そして、内側に入るとなんと、ジンベイザメやマンタ、ヒトデに小魚などが浮遊しておりますこんな和傘ならお子様にも和紙の透け感を楽しんでいただけるのではないでしょうか?かがり糸も、淡い色彩でやさしいイメージになっております。...

四八 男持ち 謡 『実盛』

四八 男持ち 謡 『実盛』骨数48本の男持ちの和傘です。空から謡が降ってくるといわれている金沢。その謡本をほどき傘で受け止めました。この謡本は200年ほど前の教本です。和紙の中ほどは墨流しを施し、世界で一本の和傘になります。表具師の方に和紙を切り貼りして頂き、制作いたしました。私の所属している金沢和傘伝承研究会は金沢和傘がなくなっては困るからと金沢市が立ち上げた研究会です。集められたものは、県内在住で...

四〇 小さな和傘 『うちゅう』

四〇 小さな和傘 『うちゅう』骨数40本の小さめの和傘です。お子様用にと、丸をいっぱい並べて楽しむつもりが染め和紙の選び方でとてもシックに宇宙をも思い伺えるものになりました。しっかり、油をひいてありますので、透け感も美しくお子様だけでなく、本来の和傘の大きさが大きいなぁ~と思われる方にはまた、いい感じと思います。Gパンはいて、ふらっと街へ和傘もそんな使い方してもらえたらいいのになぁ~と思います。...

四〇 小さな和傘 風車 「ねこ」

四〇 小さな和傘 かざぐるま 「ねこ」骨数40本の小さな和傘です。和傘が最盛期なころは、子供の傘があったそうです。子供なので、もちろん小さいものと思いますが、今ではそれ用の竹骨がありません。これは、日傘用の竹骨を用いてしっかり油を引いて雨傘にしました。かざぐるまのように、切り貼りをし、友禅紙はイラストレーターのこむらまゆみさんにお願いしたネコさんです。くるくる回しながら雨の日を楽しみにしてもらいたい...

男持ち 四八 総切り絵細工 『剣先梅鉢』

男持ち 四八 総切り絵細工 『剣先梅鉢』骨数48本の男持ちの和傘です。総切細工加賀百万石、前田家の家紋剣先梅鉢の梅が外に飛び出した飛躍的な図案。金沢のかがり『千鳥掛け』も手毬のように雪吊りのように思い描いていただければと施したもの実は、松田さんの和傘が大好きな横浜のお客様からのオーダーお客様の思いをお聞きし図案にお越し数度の失敗をしながらようやく完成。白梅と紅梅を作ったのですが、最後の仕上げで白梅は...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。