FC2ブログ

wagasaya 明兎アルバム Part2

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

No image

明兎の千鳥がけ

和傘の内側を彩るかがり糸。金沢では千鳥がけといいます。和傘への最後のお化粧をすると言って、作業は一番最後に行います。内側の小骨には穴をあけてありその穴に、針に糸を通してかがっていきます。この千鳥かけ、装飾のためではなく、傘の補強のためです。竹骨は柔らかいもの。骨と骨の間がきちんと開いていないと傘の開閉の支障がきたします。また、傘の中にものが落ちた時、この糸にひっかかり和紙を痛めてしまうことも防いで...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。